一つの転機

突然の別れになった。

私が傅けた男が去って行く、、、。

 

 

今週の初めに、全く寝耳に水で業務執行理事が人事異動で動かれることになった。

聞けば本人の意向は汲み取られず、裏の事情があるらしい。

 

私が表の顔で止まって欲しいと言った時は、

理事「しばらくいるから安心しろ」

と言ってくださっていたが。

 

今日は理事にとっての最後の役員会であると同時に、最後の業務日。

 

会議終了後、ふと振り返ると理事が1人で歩いていたので、理事を待った。

 

本来であれば待たせるのが筋だが、今日だけは、ね。

 

 

並んで歩きながら、理事は今回の異動の事には一言も触れず、車の手入れは苦手だと話している、、、。

 

敢えて言葉にしないその態度に、改めて惚れた。

心底カッコいい。

 

言葉にせずとも理事と私の間では通じるものがある。

言葉は不要。

 

会議終了後、最後の退任あいさつも、短く、的確で堂々としていた。

 

この理事のもとで働けた事を誇りに思う。

 

理事、

もっと傅ける能力を磨いて、会いに行きます!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。