判断基準

 

「そんな事まで知っておられるなんて凄い。本当に物知りなんですね。」

 

「あんな風に人前で話せたらいいな、と思います。」

 

「あのメンバーが相手で優勝するなんて本当に凄いですよ!」

 

 

 

内容に関わらず、言葉に出して相手を誉める事が出来るのは、以前も述べたように本当に素晴らしいと思う。

 

一方、言われた方はどうか。

 

結論を言ってしまえば

 

「基本なんの影響もない事が理想」

 

だと思う。

 

誉められるのはありがたい事だし、嬉しくもある。

でもやはり目指すのは”なんの影響もない事”だ

 

何故か

 

そこには「他人の評価に基づく自分があるから」だ

 

反対を考えてみる

 

「なんでこんな事も出来ないの、ダメねえ。」

「どうして人前できちんと話せない?」

「あれくらいの相手に勝てなくてどうするんだ!」

 

この評価に基づいて自分を判断してしまったら、自分の価値を甚だ低く感じるようにならないだろうか

 

出来るか出来ないか

勝ったか負けたか

そしてそれに対して自分がどう考えるか、は自身が判断する事だ。

 

出来るようになりたい、勝ちたいと思えば、努力すればいい

 

思わなかったらそれでいい

 

乱暴かも知れないが、自分で得た知識や嗜好、感覚的なものに素直になり、自身を評価していれば、それで良いのだと思う。

 

 

誉められようが貶されようが関係ない

そして同時に他人を認める

 

合わない場合も、共感できない場合もあって当然

その状態が自然

 

 

私が人を傅ける究極の目的は

 

その人自身に気付いてもらうこと

 

 

、、、もちろんそこまでの過程で、互いに合意できるなら、、、

 

場面設定

時間の用い方

そして手法はご希望のままに

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。