思うままに

 

一見どこを見ているのか分からない瞳

 

でも確実にこちらを意識している

 

手首の辺りに小さく軽い存在を感じながら、共に生きている事を実感した

 

 

今日の午後、最近特別な部屋行きがご無沙汰になっている上司と、来週ある特別監査に向けて打ち合わせを行なっていた。

 

すると上司が驚いた顔をして私の後ろを指差し

 

「ほら、あそこに、、、。」

 

 

何やらちょっと怯えた風にも見えるなと振り返ると、事務局長のデスクを背に、まるで執務室全般を見渡しているかのようにそこにいたのは

 

体長15センチ程はあろうかという立派な蟷螂

 

執務室は建物の一階にあり、隣がちょっとした庭になっている事から、どうやら窓を通って来訪された模様

 

 

これだけの大きさの蟷螂を間近で見たのは何年振りだろうか

 

そしてそう考えつつも自然に足が動き、しゃがみ込んで蟷螂の前に右手を差し出した

 

 

私「(ここは危ないから外に出ましょう)」

蟷螂「(気が付けばこんなところに。ではお言葉に甘えて。よいしょっと)」

私「(あ、あまり動かないで下さい。もう少しですから。)」

蟷螂「(あ、いやそのつもりはないのだが、急激な高低差に驚いてしまって)」

 

 

空想かもしれない

 

でもそう思える程、私が自然に差し出した手に、蟷螂が更に自然に乗ってきてくれたのだ

その後は、私の行動に唖然としている上司を尻目に庭木に蟷螂を放した

 

ほんの数分の出来事だったが共に生きている事を強く実感した

 

 

環境化不可のエネルギー

 

あるところで聞いた言葉である

 

 

人間は生まれた環境や育った環境に大きく左右される

その環境を作り出すことによって変わる事も出来る

 

そしてその中でも、環境化される事が出来ない(環境化されない)根源的なエネルギーがあるという

 

 

真に美しいものを見た時の感動

自然の一部であるという感覚

押さえきれぬほどに強く感じる想い

 

今回のように自然と体が動いた事もその一つであるとすれば、そのエネルギーに従う事はとても楽しく、得られる結果は素晴らしい

 

 

考え過ぎず、思ったまま行動する

気持ちのままに、感じたままに行動する

 

 

私の活躍を心待ちにしている世界中の方の為

そして何より自身の為に

 

直感を信じ、行動あるのみ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。