恐れずに、、、

 

自分を表現すること

そしてそれを表に出して行くこと

 

 

大人になるに従って、徐々にありのままを表現する事が難しくなる。

 

自分の意見って何?

と敢えて問う時、明確にこれだ!と言えるものをお持ちだろうか?

 

 

 

以前は自分独自の考えをしっかりと持ち、それをきちんと表現できる事が理想だった。

他人の意見に左右されず、自身の意見を持つ事。

学生時代は自分の意見をしっかりと持ち、堂々とかつ落ち着いて表現できる人を尊敬していた。

 

でも最近、私が本当に憧れていたのは、

「堂々と表現できる事」

そのものだったのではないかと思う。

 

 

「貴方は特別な存在だ、人とは違う、もっと自信を持って堂々と生きよう!」

確かにそうだ。自身の行動が伴っているのであれば。

 

以前の自分を振り返っても大義名分ばかりで、それを唱える人の指針に沿うばかりだった気がする。自分を表現できていなかった。

 

そして自分の意見、、、

 

突き詰めて言えば、その意見を構成する要素は、誰もが以前に見知ったものであり、咀嚼して繋ぎ直しているに過ぎない。

ゆえに、自分が独自の意見を持てているかどうかなど気にする必要はない。

 

それよりもまずは

「表現すること」

「表に出すこと」

 

批判、非難についても、先に書いたように、誰もが以前に見知ったことを元に言っているだけなので、内容を自身に照らして気にする必要もない。

 

そもそも表現した事だけを元に、相手を判断して評価する事は、好き嫌いは抜きにして本当に小さい事だ。

 

感覚的に

好き

嫌い

なんかいい

なんか嫌

 

があってはまずいという事ではなく、

 

相手を評価しない事

 

出来るだけそのまま受け止める事

 

そして恐れず表現すること

 

が大切なのだと思う。

 

 

、、、もし上記について賛同し、その通りだ!自分はそうするぞ、と思った貴方。

 

 

さあ、いらっしゃい

 

恐れる事はない

 

貴方が本当に望むものを見せましょう、、、。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。