愛してくれた人

私の人生で最大のサポーターであり、一番喧嘩した人物

 

馬鹿が何個もつくほど真っ正直で要領が悪く、単純ですぐカッとなる人物

 

同時に、とても人思いで優しく、人の役に立つ事を自分を犠牲にしてでも成し遂げる人物

 

 

母から聞いた話である。

 

「お前と結婚できなかったら俺は死ぬ。一緒になってくれ。」

 

人によってはドン引きし、しかも脅迫罪が成立しそうな言葉で求婚された母は、家族の大反対を押し切って父と結婚した。

 

母は、この話をする時、なんだかんだでいつも嬉しそうなので、やはり2人には良い思い出なのだろう。

 

父「お前が男だったら、と思った時もある」

 

学歴も低く若い時から働いていた父は、きちんとした習い事の経験がない。

その分私に期待をかけており、市の空手大会で私が初級部門で3位になった際は、心から誇らしそうだった。

 

涙脆い一面もあり、母が代表でアナウンスをする事になった時、私の大学入学時など、折に触れ男泣きしていた姿を思い出す。

 

何度も衝突し、心底腹が立ち、呪ったことすらあるが、父は常に私に真正面から接してくれた。

 

本当に愛してくれていたと思う。

 

人の役に立つ事が心から嬉しく、リタイア後は、公民館活動などにも積極的に参加し、終いにはパソコン教室の先生もどきまでしていた。(その裏での私の苦労は想像にお任せする。)

 

晩年は一眼レフにも挑戦し、セミプロの方に交じって楽しそうに学んでいた。

 

そして今でも驚きを持って振り返る事に、父の葬儀の際は、それなりの広さの葬祭会館が満席になり、座れない方も出てくるほどだった事。

 

姉は知人から

「誰か地元の有力者の方の葬儀かと思った」

と言われたらしい。

 

今にして思えば、私には傅けやすいタイプの父だが、同時にその熱意や押しの強さに呑み込まれそうになる面もある。

 

 

昨日は父の命日だった。

 

最後に交わした会話が思い返される

 

父の娘で本当に良かったと伝えたい

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。