真の魅力

新理事就任を間近に控えて、上司が上機嫌で話している

 

「俺なあ、知り合いに勧められて〇〇メーカーのこれ(ウェアラブル活動量計)買ったぜ!」

 

うーむやはりこの理事とは既になんらかの繋がりができているようだ

 

 

しかも当初は普通の綱くらいかと思っていたが、何やら登山用のザイルくらいに感じ始めた。

 

とにかく趣味嗜好が似ている

 

ウェアラブル活動量計(時計のように身につける事で、心拍など体の状況を確認しつつ、運動を記録するもの)にしても私は数年前から使っているし、ランニングやマラソンの話も好きだ

 

 

何せ、野望のためには、体力と強い影響力がいる

 

体を動かして適度に鍛える事は、私にとってとても良いサイクルとなっている

 

最近は妄想上で机をひっくり返すくらいだが

 

仕事の後、風を受けながら湖岸を走るのは本当に気持ちがいい。

いつか新理事とも一緒に走ろう

 

 

「でもなあ、なんか電波時計が合わなくてなあ、、、。」

 

その後、サポートに問い合わせ、知人にも確認してどうやら時計の設定もできたようだ。

もともと笑顔のキュートな新理事だが、今日は更にニコニコしている

 

 

興味を持てる事に懸命に取り組んでいる時の人の表情が好きだ

こちらまで楽しくなってくる

 

心からの信頼の元、熱のこもった眼差しを向けられるのとは、違った嬉しさと誇らしさ(気持ち良さ)を感じる

 

またその中でも

 

仕事に情熱を傾け

 

没頭している時の男の表情はたまらない

 

つい見入ってしまう

 

 

ともすれば、人の見目形に拘ってしまいがちだが、実際には皆それぞれ真の魅力を持っていると思う。

 

興味を持って活動している時、没頭している時には誰もが例外なく素敵だし、美しいと感じる

 

是非それぞれに魅力に気づき、発揮して欲しい。

 

その暁には

今よりもさらなる力を得た私がお相手しよう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。