見据えるべきは


自身の野望を実現させるために、既に成功者として名を馳せている方々の経験を参考にすべく、開発した能力を持って本を読み、かつ聞き続けているが、その中で大いに共感し、かつ自身の軌道修正につながったことがある


読んだ(聞いた)のは稲盛和夫氏の著作


40年以上前に、松下幸之助氏が「ダム式経営」について講演され、多くの参加者が”そのダムを作る方法をこそ知りたい”と感じる中、稲盛氏は松下氏の


「自身もそのダムの作り方は分からない、が”作ろうと思わなければダメだ”」


という一言に衝撃を受けたというもの



そのくだりを聞いて、オフィシャルな場であったにも関わらず、私は首が痛くなるほど大きくうなずき、そうだそのとおりだ、と感じた。



世の中のすべての人間を傅けること



最終目標に到達するまでにも段階は多くあり、今までにもある程度成し遂げてきた自負はある




だがその内、自分自身で求め、行動し、考えたことは何割だっただろうか?


常に拠り所を求め、賞賛や承認を求めてはいなかっただろうか?


人との繋がりや協力を得ることは大切だが、それすらも独自で求めた末だっただろうか?




知らぬ間に環境や周りに依存していたのではないだろうか?



稲盛氏の著作を聞きながら、本来は私が相手に与えるべき厳しい一打ちをいただいた気がした。




私が見据えるべきは「世界」だ


本当に多くの方々が、”真に刺激的で忘れ得ぬ私との出会い”を心待ちにしており、私はそれに応える義務、いや使命がある

今後も多くの壁があり、一見障害と思えるものもあるに違いない。

でもそれすらも本来はありがたいことだ。




自分自身で求め、行動し、考え、それを貫き通すこと”


今までの全ての出来事、環境、関わってくださった方々に深い感謝を示すと共に、改めてここに記す






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。