彼女達

 

彼女A「遅いじゃないのっ!私達より大切なものはないはずでしょっ!」

彼女B「全くどこ行ってたんだか。お腹減ったんだけど?」

A「部屋が寒いし、ベッドもきちんとしてって言ったじゃない。あー寒い。本当に気が利かないんだから。」

B「私がいつも一緒に寝てあげてるのに、一体いつになったら一人前になるのよ。」

心の声が聞こえる気がする、、、。

 

全てを傅けるために邁進する日々ではあるが、私にとって突破すべき壁がある。

その壁に対してはどうも厳しくなれず、難関であると同時に、超えられない事にちょっとした嬉しさすら感じる。

 

 

私が厳しくなれない彼女達。

澄んだ瞳が美しく、見つめられれば吸い込まれてしまいそう

肌質はとても滑らかで、ずっ触れていたいと願ってしまう。

 

歳を重ねてもその美しさ、可愛らしさは止まることを知らず、

私だけでなく、周りの人間をも取り込んでしまう。

 

可愛らしさの魅力に合わせて、何を考えているのか分からない神秘さがあり、

 

甘えてきたかと思えば、毅然と無視したりする。

ただし、こちらが気になるよう余地を残しながら。

 

夜は結構大胆で、堂々と同じ夜具に潜り込んできてピタリと寄り添ってきたり、時として覆いかぶさってきたりする、、、

 

ああ、幸せ、、、。

 

振り回される事の幸せとはこういうものか。

反対の立場を経験するには彼女達は本当に良い教師だ。

 

そしてこれからもまた私を傅けるために、

私が玄関を開ける前から、鎮座して待ってくれているのだろう。

 

にゃおーん

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)