新たなる自分

 

その瞳の奥をじっと見つめていると

私に対しての畏敬、畏怖、尊敬、憧れ、独占等の気持ちが手に取るように分かる

 

そして更に見つめ続けると

 

全てが私の手中に

 

 

ここ数週間で個人的な事、また親しい人間に関する事で大きな流れがあった

 

いずれも何らかの転換点であり発露である

 

間違いなく野望実現が近づいており、それが伝播している気がする

 

そして遡ればその発端はある点に行き着く

 

 

そこに何らかの力がある時

人は否応なしにそれに惹きつけられる

恐怖感を覚えたとしても抗えない

 

そこには全てに共通する根源的な何かがある

 

 

力の性質は能動的なものから一見すると受動的なものまで様々だが、本当に強い力には、個々人の性格や生得的なものは一切関係なく魅入られる

 

 

 

一瞬にして気持ちを掴む

 

ほぼ数秒で虜にする

 

夢物語と思っていた事を実現できるようになった今、次はそれが出来る事での責任を考える

 

 

傅けた後に相手がどうするか、どうなるか

 

その人間が増えていくに従い自分はどうすべきか、場合によってはどう率いていくべきか。

 

 

生半なレベルでは考えられない

責任は重く故に挑戦する楽しさを感じる

 

 

世の中の全ての人間を傅ける事

 

明日のある祭事を踏まえて意識を新たにここに記す

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。