証として



違うよ。俺の僕だろ?



大胆極まりない発言に一瞬面喰いながら、ここまではっきりと明言できることに感銘を受けた



裏打ちされた静かな自信に心からの敬意を





私に対してここまで堂々と意見できる人間がいてくれること



それこそが進んできた事の証であり誇らしく思う




もちろん下僕などで終わる気はさらさらないが







何よりも彼自身には私が一目を置く女性の存在があるので、次の目標はその女性ともども真に傅けること


大きな目標故に沸き上がる楽しさがある




更に心技体を意識せねばならない




私がこの道を進めている事、同時に先の彼がそのように振る舞えること




すべてはある一点に行き着く



以前なら恐れていたであろう環境も


落ち込んでしまっていたであろう出来事も




今はそこに感謝を見出せる




そしてそれが意味するもの、示しているものに思いを馳せ




持ち得る限りの技術と敬意を込めて応えることが出来る


 

相手の想像をはるかに超えた



痛みとそれ故の喜びを持って




ある一点


それを選べたこと、そして行動できたこと




全ての流れについての感謝の念は何があろうと一生変わらない







    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。